21世紀の経営

1、社長の経験(K)・社長の勘(K)・社長の肝っ玉(K)による3K経営から、経営理念・経営計画に基づく経営を行う。

2、変化した金融環境に積極的に取り組み企業価値を上げる。

3、経営計画を策定し、先手必勝の経営を行う。そして、経営者自らが業績開示を積極的に行い説明責任を果たす。

経営理念

経営理念とは、「企業の存続の原点」とか「企業の使命感」の確立をさし、ミッションとも言われ、経営計画策定の前提や経営の原点となるものです。

経営理念には

顧客に目を向けたもの
人間尊重に目を向けたもの
社会貢献に目を向けたもの
革新、挑戦といった現状打破に目を向けたもの
地球環境に目を向けたもの
トップの姿勢や経営思想を表明したもの

があります。

経営理念を掲げるメリット

社長の姿勢と決意を示すことができる。
会社の目的を明確にすることにより組織を同一目的に向かわせることができる。
社員教育の基本となる。

経営計画

経営計画は、将来についての現在の意思決定で、経営の羅針盤・ナビゲーションとも言われ、目指すべき「あるべき姿」を高いレベルで掲げ、現状とのギャップを埋めていくストーリーとシナリオ作りをすることです。
これは、年度経営計画書、販売計画書、資金計画書、キャッシュフロー計算書、目標貸借対照表へ影響を与えます。

金融環境

変化した金融環境に積極的に取り組み、企業価値のアップを狙いましょう

経営者のみなさんへ

3K経営の20世紀的経営から社内外の環境の変化に積極的に対応する21世紀の経営へシフトしましょう。